性能や耐久性などから日本では輸入住宅が年々増えてきています

豪邸

INFORMATION

2016/08/22
輸入住宅を選んでいく際の注意点を更新。
2016/08/22
輸入住宅のメリットとデメリットを更新。
2016/08/22
誰もが憧れる輸入住宅を更新。
2016/08/22
輸入住宅の魅力的な特徴を更新。

年々増えてきている輸入住宅とは

家の模型と設計図

輸入住宅とは、主に欧米から輸入した建材や資材、そして設備機器なども含め、これらを用いて建てられる住宅を言います。
輸入住宅の特徴としては、外観が欧米風になるのはもちろんですが、構造的にも2×4あるいは2×6と呼ばれる枠材で軸組を作り、その軸組に構造用合板などの面材が張られています。この面材が軸組をキューブ状の構造体につくり、地震などに耐えるものとしています。従って、柱や梁、そして筋交い(現在では面材も併用)で構成されている日本の在来木造とは根本的に異なるものです。
輸入住宅の性能としては、先の耐震性能はもちろんですが、断熱サッシや高断熱材、さらには気密シートなどの採用で、省エネ性能は標準的な国内の住宅より数段高いものとなっています。これは、欧米の気候や全室冷暖房システムが標準化していることなどが影響しています。また内装には、ドアや床材などに無垢材が多く使用され、木の優しさや暖か味を出しており重厚感があります。
その他の特徴としては、比較的各室が広く設計されており、延床面積も国内メーカーの標準的なものと比べて大きくなっていることです。これらから、国内の標準的な住宅価格より高い価格となっていますが、その性能や耐久性などから、年々増えてきています。

輸入住宅は日本の気候にも合うのか

輸入住宅といえばスタイリシュで見るからに、丈夫そうな外観ですよね。大きく分けると、ヨーロッパスタイルと北米スタイルとがあります。耳にするままに輸入住宅と呼んでいますが、外国から材料を輸入したり、デザインが欧米風なら輸入住宅というのでしょうか。
輸入住宅は、海外の設計思想による住宅を、資材別輸入し、国内に建築する住宅のことを呼ぶのだそうです。輸入住宅に住むと住む人のライフスタイルや人生観まで変わると言われます。日本家屋が日本人の思想に深く根付いた設計になっているのと同様、輸入住宅には海外の生き方や生活スタイルに対するポリシーが感じられます。
輸入住宅の特徴は、気密性が高く遮音や耐久性、耐熱性に優れていることです。また間取りがバリアフリーになっていることが多く、日本の住宅よりひとまわり大きくゆったりしてるのが、消費者の人気にもなっています。最近はクーラーなどの電化製品をどの住宅でも使うようになり、光熱費を抑えるため断熱材を天井や壁に使用しています。
日本の気候では、冬は暖房、梅雨時は除湿、夏は冷房と電化製品が活躍することも多いのが現代の生活様式です。輸入住宅は厚い断熱材を多く使用しており、適温に室内の温度を保つのに優れています。省エネで快適な日常生活送るとともに、光熱費を抑えることができるのが魅力です。

輸入住宅とは欧米の考え方が色濃く反映された住宅

これから注文住宅などで、家を建てたいと考える際に、欧米風の素敵なイメージの家にしたいと思う方も少なくないと思います。その夢は「輸入住宅」で叶えることも出来るのですが、まだまだ輸入住宅が認識されていない面も多々あるので、輸入住宅とはどんなものかのご紹介をしたいと思います。
輸入住宅とは、海外ならではの発想・思想による設計が盛り込まれた家であり、家の部分部分の建築資材や1部分をパッケージとして輸入して、事前に用意した土地へ建築したものを指すものです。建築資材の輸入先としては北米や北欧が多く、事実、国内で建てられている輸入住宅も北米スタイルや欧州スタイルのものが多く、個性的なデザインのものとなります。
輸入住宅は、おおよそ北米スタイルや欧州スタイルの2大スタイルに分けることが出来ます。北米スタイルは、華麗でありながら堅牢な感じで、植民地時代や西部開拓時代のスタイルをイメージさせるものが多く、欧州スタイルは、素朴な感じを醸し出し、自然との調和が取られた雰囲気のものが多いと思います。
海外の住宅は、森林資源が豊富な環境で育ったきたものであり、使われている木材の品質がとても高いものとなっていますし、住宅の耐久性に於いても、元々何世代にも渡って住み続ける文化が根差した欧米の考え方が色濃く反映されたものとなります。耐久性の高い家を作ろうとしている方には、安心出来る家作りの参考となるのではないでしょうか。

輸入住宅はここがいい!輸入住宅のメリット

近年よく話に聞くことが多くなってきた輸入住宅ですが、日本の住宅建築と比べて、どんなところがいいのか?ということを書いていきたいと思います。
そもそも、輸入住宅とは何なのか?というのがハッキリしない方も多いと思います。それもそのはず、輸入住宅に関しての決まりというのは今のところ特に無いのです。大まかな輸入住宅の定義としては、住宅の設計に対して北欧を始めとした海外の設計技術が取り入れられているのか、というのがポイントなようです。
輸入住宅のメリットで最も優れているところは、住宅に断熱材が多く含まれている、またぶ厚い窓が使われているのでとても熱や寒さに強い設計になっているということです。私はヨーロッパの家に昔泊まったことがあるのですが、外が5度くらいの気温だったとしても、基本的には暖房なしで全く問題なく生活することができていました。朝起きた時に凍えるように暖房をつけるような生活が個人的にはとても嫌なので、この住宅性能はとても素晴らしいと思います。
また、北欧を感じさせるデザインに惹かれて購入される方もいるようです。外装だけでなく、輸入住宅には内装やパーツもこだわったものが使われていることが多いです。おしゃれな家というのは長く住むにはとても大切な要素ですね!輸入住宅にはたくさんのメリットがあります。是非一度検討してみてはいかがでしょうか?

輸入住宅を考えるときは耐震性の高いものを

日本の住宅は、高度経済成長期に次々と建築され、一般市民が家を手に入れることができたという経緯があります。しかしながら当時の建築基準法での施工であったため、家としての寿命を迎えつつあるケースも現在あります。そういった場合、補修をしたり改築を行ったり同時にリノベーションも行っていることも多く見かけます。日本の従来の建築では住宅の寿命は約30年といわれていました。現在これを迎えているという訳です。
以前から輸入住宅の存在は知られていました。ツーバイフォー工法で作られることの多い輸入住宅は、ゆとりのある設計、耐震性に優れているという利点がありながら、一部の住宅メーカーの安易な建築法の影響で、高価なだけで日本的でないといった印象もありますが、輸入住宅メーカーが専用に使う材料、設計、工法で建築しますと堅牢な住宅を建てることができます。
東日本大震災の映像を見られた方も多いでしょう。あれだけの震災でした。ほとんどの建築物が倒壊した後に残っていた一般住宅は、輸入住宅であったことが多いのです。記憶に新しい熊本のときもそうでした。住宅を建てるときは地震の最大の揺れを想定して、それに耐えうる設計のものを考えなければ、(住宅ローンの終わる)30年はおろか、その間に起きるであろう災害に対しても不十分であるのです。耐震性の高い輸入住宅は、家を建てる際には一考する価値があると考えます。

こだわりのマイホームにしたい方は輸入住宅にしてみてはいかがでしょうか。オシャレで機能性に長けたマイホームなら輸入住宅に決まりですよ!

輸入住宅の魅力的な特徴

リビング

家を建てる時は建売住宅にする人が多いですが、中には海外の住宅に憧れるという人もいたりします。そのため海外の設計思想による住宅を国内で建設してしまうという輸…

»VIEW DETAIL

誰もが憧れる輸入住宅

ユニークなインテリア

見た目のおしゃれな輸入住宅って憧れますよね。私もその1人です。今、輸入住宅って流行してますがブームも本格的になってきているようです。何となく輸入住宅って知…

»VIEW DETAIL

輸入住宅のメリットとデメリット

大きな一軒家

輸入住宅は海外の設計思想によって国内に建築された住宅で資材なども海外から輸入されています。そのため国内の住宅とは違った印象なので、オシャレな作りになってい…

»VIEW DETAIL

輸入住宅を選んでいく際の注意点

住宅

これはどちらかというと、輸入住宅の種類を選んだりするような場合に問題があるというよりも、どのような建築会社や工務店、建築メーカーなどへの依頼をしていくのか…

»VIEW DETAIL